« 10月度活動報告 | メイン | 11月度活動報告 »

2019年11月20日

11月環境教育チームからの発信

みなさんこんにちわ!
だんだん気温が下がって朝晩がとても寒くなってきましたね。
今回は冬に使えるエコのお話です。
暖房器具といえば、エアコンや電気カーペット、こたつ、ストーブ、などなどありますが、つけっぱなしで寝るのは少し不安ですよね。 そんな中、お布団の中だけを効果的に温めてくれる湯たんぽが、おやすみ時の暖房グッズとして注目されています!
もちろん、お湯を沸かすコストは必要ですが、電気代や灯油代は必要なし! 一度沸かしたお湯で約6時間程度は暖かさが持続するので、おやすみ前のお布団の中をしっかりと暖めてくれます。
レンジで温めて使用するタイプのもの、ゴム製の湯たんぽ、金属製の湯たんぽ、などなど。
たとえばゴム製の湯たんぽは、お湯の温度は80℃までと制限がありますが、夏場は氷や水を入れれば冷房として使うことができます。
冬だけでなく夏場、エアコンの使い過ぎで電気代が気になる方は、ぜひ試してみてください!

よろしくお願いいたします。

投稿者 kinkir : 2019年11月20日 08:57

コメント

コメントしてください




保存しますか?